【CoDモバイル】初心者必見!全モードルール&マップ解説

Jason
どうもJasonです!

今回は、世界的人気FPSゲームの【コールオブデューティ】のモバイル版【コールオブデューティモバイル】をご紹介していくよ!

スマホでCoDができるなんて、ほんと嬉しいよねっ!

まずは、ゲームモードから紹介していくからよろしくねっ!

スポンサーリンク

【CoDモバイル】5種類のゲームモード

フロントライン

2チームに分かれて先に50キルしたほうが勝利となります。

キル数を競うゲームモードといった感じになります。

チームデスマッチ

先に40キルしたチームの勝利となります。

フロントラインとほぼ同じです。

ドミネーション

マップに設定された5つの拠点を取り合うモードです。

拠点を取り続けることで、ポイントを獲得して一定数のポイントに達したチームの勝利となります。

サーチ&デストロイ

2チームが攻めと守りに分かれて戦うモードです。

攻め側は、一定時間内に特定のポイントへ爆弾を設置して爆破すれば勝利となります。

守り側は、爆弾の解除もしくは、爆弾の設置前に、相手チームを全滅させれば勝利となります。

プラクティクス VS.AI

練習モードになります。

操作になれるまで、ここで練習するといいと思います。

スポンサーリンク

【CoDモバイル】全マップの特徴と立ち回り方

NUKETOWN(ニュークタウン)

NUKETOWNは、全マップの中では、狭いマップになります。その為、接近戦になることが多い。

両サイドに2階建住宅と、中央のトレーラーが配置されたエリアとなります。

バスや、車の遮断物が多数あり。マップが狭いので、中央での戦いになることが多いです。

両サイドにある車のどちらかに陣取れば、リスポーン地点から中央に出るための通路がチェック可能になります。

味方が前線を上げすぎると、リスポーンが入れ替わってしまうので、前線の上げすぎには、要注意。

中央エリアが使えないときには、建物の2階から中央エリアにいる、敵を排除するようにしましょう。

この時に、気をつけなければいけないのは、反対の建物から攻撃されることも想定しておくこと。

CRASH(クラッシュ)

CRASHは、他のマップと比べて、建物が多く高低差が激しい。

先に建物の上を取ることができれば、有利な展開に持っていくことができるでしょう。

このように、強いポジションの建物を覚えておくとことで、戦いを有利に進められます。

廃車、ドラム缶、草むらなどの遮蔽物が多く、敵が隠れていることが多いので注意。

中距離での戦闘が多くなるため、スナイパーは不向き。

CRASHでは、アサルトか、サブマシンガンがおすすめ!

RAID(レイド)

RAIDは、とても複雑な構造のマップで、遮蔽物や段差が多いので、敵と突然遭遇したりします。

戦闘は、近〜中距離での戦いが多い。

どこから敵が来るのか分からないため、注意が必要。

スナイパー使用するなら、両脇の建物2階がおすすめ。。窓から敵を見つけ排除していこう!

個人的にRAIDでのおすすめ武器は、近距離で強いサブマシンガンを使っていくと良いと思います。

STANDOFF(スタンドオフ)

STANDOFFの特徴は、中央の道が開けていて、建物やオブジェクト等で入り組んでいる場所があります。

また、2階のある建物が4つあるため、スナイパーライフルなどの遠距離用武器が活躍するマップである。

車や壁のくぼみなどの遮蔽物が多いので、遮蔽物に隠れながら攻撃するのもよし。

建物内から撃たれる危険性があるので、マップ中央はむやみやたらに突進してしまうのは、NG。

サブマシンガンやスナイパーライフルがおすすめ。

HIJACKED(ハイジャック)

HIJACKEDは船上マップ。縦に長く左右の道は遮蔽物が少なく、マップ中央の見晴らしが良いのが特徴。

また、船の中や、ボイラー室もあり、近距離での乱戦になることがある。

中央の左右での撃ち合いが多く、左右にはスナイパーライフルやライトマシンガンなどが待機している可能性がある。

縦に長くマップが狭い分、敵と遭遇しやすいため連射速度の速いサブマシンガンがおすすめ。

FIRING RANGE(ファイアリングレンジ)

FIRING RANGEは、建物が多くマップは狭い。

建物は多いが、形が複雑ではないために、敵との遭遇もしやすい。

どの建物よりも、高い中央の高台に登れたら、優位になりますが、登り着くまでにキルされる可能性大。

両端の建物が監視塔のような役割をしていて、スナイパーがいることがあるので、突破はそう簡単ではない。

両端から裏を取りにくる敵にも要注意です。

おすすめ武器は、幅広い距離に対応できるアサルトライフルが良い。

KILL HOUSE(キルハウス)

かなり狭いので、開始数秒で、ドンパチになります。

両チームのリスポーン地点付近には、高い位置からマップを見下ろせる高台があるのでスナイパーが狙っていることが多い。

狭いがために、敵に裏取りされやすい。

リスポーンが変わらないよう、前に出すぎないようにしましょう。

おすすめ武器は、ショットガンorサブマシンガン。

CROSSFIRE(クロスファイア)

中央通りの両脇に建物が続いていて、広めのマップ。中・遠距離での戦闘になりやすく、スナイパーが多い。

建物内は狭いので、ショットガンや、サブマシンガンがおすすめ。

スナイパーライフルを使う場合は、建物の2階から狙うのが良い。但し、すぐに場所がバレてしまう可能性があるので、こまめに場所を変える。

おすすめ武器は、アサルトライフル、スナイパーライフル。

TAKE OFF(テイクオフ)

建物が非常に多い。その為、見通しが悪く敵とドンパチになりやすい。

射線がとても多いので、どこから敵に撃たれているか分かりづらい。その為、無理に前に出ようとせず、中長距離から戦うプレイヤーが多くなる。

遮断物に身を隠しながら、攻撃するのが良い。

スナイパーライフルを使う場合には、見通しの良い2階から狙う。

おすすめ武器は、近〜遠距離に対応できるアサルトライフル。

SUMMIT(サミット)

SUMMITはマップの真ん中に大きな2階建ての建物があります。

建物内は狭いので、乱戦になりやすく、2階から狙われる事がおおく、容易に通り抜けることは難しいマップである。

外にでれば、中央の建物の両脇に道があり、見通しは良い。裏を回るには、この道を使うと良い。

但し、スナイパーが狙っているので用心が必要。

SUMMITは、建物の上から狙われやすいMAPであるので、早く、MAPを把握することがポイント。

有利に戦いを持ち込みたいならば、相手よりも先に2階を押さえよう!

SCRAPYARD(スクラップヤード)

SCRAPYARDの特徴は、倉庫と飛行機の残骸などがあり、長方形で広さは、比較的狭い。

マップ南側にある倉庫は、3階まで登ることができる。この倉庫に登ればマップ全体を見渡すことが可能。

この倉庫からは、スナイパーを使って長距離の敵を排除していくなどしていこう!

敵の攻撃を防ぐには、車や残骸などの遮蔽物などを有効活用すると良い。

おすすめ武器は、アサルトライフルのような、近〜遠距離といったオールマイティに使える武器が良い。

スポンサーリンク

CoDモバイル概要

配信日 2019/09/30
タイトル Call of Duty®: Mobile
ジャンル FPS
価格 基本プレイ無料(アプリ内課金有り)
公式サイト https://www.callofduty.com/ja/mobile

Call of Duty®: Mobile

Call of Duty®: Mobile

Activision Publishing, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク
おすすめの記事